白髪染めの頻度はやはり個人差が大きいようです。

一般的に髪の毛は1ヶ月で1cmから1.5cmくらい伸び、染めてから1ヶ月ほどで生え際の白髪も目立つようになるので、1ヶ月を目安にすると良いかもしれません。
この生え際の白髪が目立ってきた場所を染め直すことを「リタッチ」といいます。
新たに伸びた部分を重点的に染めることにより、前回染めた部分との色合いも丁度良くなりますし、髪への負担も減ります。
頻繁に髪の毛を染めるのは、なかなか億劫なものです。
美容院へ行くと自分の手を煩わせることはありませんが、金銭的な負担も増えます。
自宅で市販の白髪染めを使用して染めるのも、事前の準備や後片付けが面倒だったり、髪の毛や頭皮に負担をかけてしまうこともありそうです。
毎日少しずつ伸びていく髪の毛は、定期的にケアをしないと、気づいたら白髪だらけということにもなりかねません。
最近ではシャンプー時のトリートメントのように使え、毎日少しずつ色をつけていける天然成分配合の白髪染めが増えています。
刺激もなく素手で扱える上に髪の毛にも優しく、シャンプーした後数分、髪の毛に馴染ませるだけで白髪ケアが出来るので人気があります。
トリートメントに髪の毛を色づける天然成分を配合しているので、毎日使用しても髪に良いうえリタッチする必要もなくなります。
髪の毛を補修しながら、美しい色合いをキープできるトリートメントタイプの白髪染めが注目されている理由は、リタッチいらずであることも大きいかもしれません。