■遺伝が原因の近視をレーシックで回復できるか
遺伝が原因で起こった近視はレーシックで回復できるのでしょうか。
近視には、遺伝が原因で起こるケースと環境が原因で起こるケースがあります。

遺伝が原因で起こった近視の場合、生まれつきの角膜の形状や水晶体の形により屈折の異常が起こり、近視になっていることが多いです。

環境が原因で起こった近視とは、眼の筋肉が衰えたり、角膜に傷が付いたりなど、さまざまな要因で起こる近視です。

遺伝が原因の近視においては、レーシック手術による視力回復効果は低くなると言われています。
というのは、生まれつきの角膜や水晶体の形状は、レーシック手術だけで強制することは難しいからです。
このようなことから、生まれつき視力が悪い方はレーシックをあきらめるケースが多いようです。
しかし、実際には、遺伝でも環境が原因の場合でも、レーシックを受けることで、ある程度までは視力を回復することができるのです。

視力回復を望んでいるのであれば、まずはクリニックで適応検査を受けてみて、レーシックに適応できると判断された場合にレーシックを検討することもできます。

■片目だけのレーシック手術は可能であるか
それほど多いケースではありませんが、左右の視力が大きく異なる方もいるようです。
このような方は、片目のみにコンタクトレンズを装着したり、片方のみに度が入ったメガネを用いることがあります。しかし、かなり眼に疲れを感じるとのことです。
このような方であれば、レーシックで視力矯正することをおすすめします。
そして、レーシックは片目のみ受けることも可能です。